ポールボキューズ本店

  • 2015.10.19 Monday
  • 05:19
ついに行ってきました。料理界の巨匠、ポールボキューズの本店へ!!!
ミシュラン三ツ星を50年間維持している幻のレストランです。
リヨンに住んでいるからには絶対行かなくてはいけないレストランでしょ!!フランス語の授業でもポールボキューズの名前が3日に1度は出てくるくらいリヨンにおいてはnon,non,フランスにおいてはセレブのお一人。そんなレストランへどうしてもポールの目の黒いうちにあの黒トリュフいっぱいのスープをいただきたかったのです。
 
私の誕生日に合わせて、​こちらへ着いてすぐにPが予約をしてくれたのですが、その時点ですでに2月待ち。wow!!!でも予約しました!!
そして、首を長くして今か今かと待ちました。
が、が、が、、、。
ちょうど予約日の1週間前にひどい風邪をひいて寝込んでしまいました。そんな病み上がりの中、ゲホゲホと行って参りました。
その日はあいにくの大雨。​タクシーでも良かったんだけど、節約のため、1時間以上かけてメトロとバスを乗り継いでリヨン郊外へ。
二人でドレスアップしたので、メトロやバスの中では完全に変な目で見られましたが、そんなの気にしない気にしない!!(一休さん
さ、前置きはこの辺にして、レストランの話へ移ります。
外観は完全にビックリハウスです。
二人とも星のついているレストランなんて初めてなのでどこでコートを脱げばよいか、どちらの席に着席するか、もうあたふた。(>_<)はずかしーー!!

アセアセしながら着席し、ギャルソンさんからメニューをいただき(帰りにお土産としていただける)、迷ったあげく単品で。
コースも惹かれたのですが、病み上がりのためついていく自信もなく。。。。
 
まず、entreのビシソワーズ!
びっくりすくらいおいしい。おいしいしか言葉が見つかりません。あぁ、味覚の表現力がもっとあれば( ノД`)シクシク…
続きまして、お待ちかねのかの有名なトリュフのスープ。よ!!!!待ってました!!!
※お皿も見てね。料理ごとにお皿も違います。
​​​
いやー!!!おいしーーー!!! 小さくカットされたお野菜がたくさん、フォアグラも黒トリュフもたくさん入っていました。
全てが出汁になっているかんじ。透き通ったスープです。
これだけでおなかいっぱい。
それで、メインのplatはスズキのパイ皮包み。
やだ!!!!またパイ!!!しかも、これまた量が多い!!!
ギャルソンさんに取り分けてもらい、
これが一人分。隣のマダムが”ウララー”とびっくりする量です。お分かりのとおり完食できずとても残念。お持ち帰りしたかった。
そして、ワインも頼んでないしデザートの前のチーズは断念し、avant dessert チョコレートのムース。デザートは別腹よね。
ポールボキューズのデザートはベルナションのガトーです。ベルナションの3代目フィリップさんのお母様がポールボキューズさんの娘さん。相関図がなんかすごい!!
まさかの人生2度目のベルナションのガトー。あーおいしい💛うっとり。
続きましてチョコレートの盛り合わせ。
そして、dessert!!!
次々と私たちの前へデザートの山が運ばれてきました。
どれでも好きなものを好きなだけいただけるとのことなので、ベルナションのあの有名なガトーをギャルソンさんにとりわけてもらいました。メインを残したのでリベンジせねばと気合が入りました。
我々が取り分けてもらったのはほんの一部。
pはお腹が張り裂けそうとのことなので、マジパンを使った​ガトーアンバサドゥールというガトーを(私が)いただきました。こんなの見たことないでしょ。
感想
日本人の私にとってフランスの伝統料理は重かったです。””スープは格別だったね!!””としきりにPは言っていました。ほかのお客様もみなさん、トリュフのスープを注文されていました。外国人にはセビアーンなのだろう。いえいえ、もちろんおいしかったんですよ!!
ただ、量が多くて、なにより、重い。コースにしなくて良かった。食べきれてないわ。バターは今まで食べた中で一番おいしかった。どちらのお店のものなのだろうか。

そして、そして、​一番の感動はポールボキューズさんの奥様が”bon appétit”と各テーブルを回ってくださり、
奥様に写真をお願いしたら快く引き受けてくださったこと。3人で撮った写真は一生の思い出です。
以前はポールボキューズさんがテーブルを回っていたそうですが、89歳になられた今ではレストランでお会いすることは難しいみたいです。
さて、こんな贅沢をしたので今月はパスタパスタの毎日です。あー、もう飽きた。
お米はパサパサのくせに高いので来月に食べるとして、。。。あああああああああ、パサパサでも食べたーーーい!!!節約いやーーん!!
それにしても、もう一回行きたいなー。(元気な時に)
父が渡仏したときに頼もう。お父さん、お願いします。ヽ(^o^)丿
最後に
厨房の様子

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM