中国人カルチャー

  • 2013.07.21 Sunday
  • 04:05
 日本のみなさん、おはようございます 7月21日 3時30分、
バンクーバーのみなさん、こんにちわ、7月20日  11時30分、
を回ったところです。ながの音楽英語教室のながのです。

先日の記事は 好きなことなら結果を気にせず全力で頑張っていきましょう。結果より過程が大事なんだ。ということを英語で書きました。
私の場合は、音楽と英語と料理です。
あ、例の料理教室ですが、何度も教室の方と連絡を取り合って納得したので、先ほどやっとブックしました。また、その模様はブログに書きます。ちなみに、イタリア料理です。



昨日、無事に実習1週目が終わりました。
L先生が中国に帰られてから 新しい先生が1時間ごとに変わって私も子供たちも名前がコンフューズでした。
しかも、L先生は実習生ではなく、別の施設の先生で(間違えました。すみません。) 彼女もまた5年前にカナダへ移民をされたそうです。中国ヘは休暇(1か月も★)で帰り、少し英語も教えるとおっしゃってました。

さ、中国人の子供たちですが、なんと、なんと、5歳にもなって一人で食事ができません。
食べさせてやらないとならないのです。mis Gは、私もはじめはご両親が甘やかしてるんだと思ったけど、これは中国の文化なんだとだんだん判明したわ。めんどくさい文化よね。”とおっしゃってました。
自分で食べる訓練もこの施設でしているそうです。next bite (次の一口、食べて)と私たちが言わないとお友達とおしゃべりしたり、ぽけーっと次の一口が来るのを待つ子が出てくるのでランチタイムは私もお手伝いに大忙しです。

英語の教授法の勉強をしたくてこちらに来たのに、feed(食べさせる)やclean up (掃除)をするための免許を取得しに来たんじゃないのになーと悲しくなってきます。

気を取り直して、夜はトムクルーズが通うタイレストランへ。
数々の賞を取っているレストランで賞状がレストラン中に貼られていました。

彼は、バンクーバーに家があるらしくて、来るとこのレストランに寄るそうです。



ちょっと見えにくいですが、トムの隣にはスリちゃん、後ろには別れた嫁(名前を忘れてしまいました)がいます。

そして、私は鳥とバジルの焼き飯を頼みました。


時間がなかったので(うちのホームステイは門限があります(笑))、テイクアウトしました。とてもおいしかったです。これで15ドル。1500円くらいです。高く感じると思いますが、量がとっても多く3人前はありそうなくらいボリュームたっぷりです。

では、今からバーガーキングへランチに行ってきます。


では、また

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM