Opéra de Lyon ---Anna Caterina Antonacci---

  • 2015.10.24 Saturday
  • 23:58
毎年9月に行われているヨーロッパ文化遺産の日に市役所とリヨン歌劇場へ行ってきました。

9月の第3週末の土曜日と日曜日だけ、教会や城、美術館、県庁や市役所など普段入れない場所に無料で入れるとのことでどこの施設も 人、ヒト、ひと!!長蛇の列です。(なんと、パリでは大統領官邸やルーブル美術館も無料で開放されているようです・わぁ!!!)
これはopéra de lyon前
まずは、比較的すいていたhôtel de villeへ
入口  わくわく
市議会議事堂
階段を上って
サロン??
またサロン??
そして、ガイドのおじさん
日本からの贈呈品
最後に市長室
続きまして、opéra de lyon
こちらは入るのに1時間くらいかかりました。次の日の日曜日にここであるアンナ カテリーナ アントナッチのコンサートに行くので、ますます期待が膨らみました。
どんなホールなのだろう。大きさは音の泉くらいかな?普段入れない部屋って・・・演奏家さんたちの楽屋とか見れるんよねー、きっと。。と期待で胸がいっぱい(*'▽')
入口 (*'▽') きゃー!!すてき!!(*'▽')
そして、メインホールへ
え??
建設中でしょうか。。。。('_')
まったく歴史を感じないホールでがっかり(/ω\) 映画館か!!!(; ・`д・´)
結局、1時間ならんで見れたのはステキな入口のホールとこのメインホールと小さなホールだけでした。ちうか、一緒に説明を受けたリオネーズたちは初めてここに来るわけ??そんなわけないと思うわ。だってそもそも、芸術に興味のない人は文化遺産の日に並ばないでしょ。みんな絶対がっかりしてるよ。
そこで、一句
寒さ耐え、リオネーズよ、なぜ並ぶ!!??
 
さ、話を切り替えて、次の日 再び出向き、コンサートへ行ってきました。
イタリア人のメゾソプラノ歌手です。
前日の工事現場の風景はご覧のとおりピアノの後ろ側に白い幕が降ろされており、見えなくなっています。ほっ。(*^▽^*)
演奏はドビュッシー ペレアスとメリザントのアリアを5曲。
知らない曲だったけど、きれいやったー。一瞬で引き込まれました。伴奏のピアノも上手やった。
テスト前でカリカリしていたわたし。一気に払拭してくれました。ナマの音楽はサイコーです。
途中休憩が入り、セットも変わりました。
え??電話?? なに時代??
休憩後に演奏された曲はどれも知らず、暗く。。。じめじめしてて。。。フランスでは有名なのかな??
ただ、フランス語の発音が良かったのでうらやましい気持ちとピアノばっかり見ていました。(/ω\)
アンコールはなかったです。あっさりと終わりました。
3月はナタリ デセイのコンサートがここであります!!!絶対行かなきゃ!!!(その前にフランス語のオペラも少し勉強しなくては。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM